Home > 地盤調査「表面波探査法」 > 表面波探査法

表面波探査法で大切なお家の地盤を診断いたします

jiban_top.jpg

表面波探査法は環境に優しい非破壊試験、揺らして診断

私たちの思い
近年、環境汚染にも繋がる、無駄な地盤改良工事が増えています。
また「地盤調査を依頼するとほとんど地盤改良が必要と判定されるとのお話を良く耳にします。
セメン系地盤改良工事は土壌汚染のリスクを将来に残す可能性もあります。
杭系の工事は、将来の建替え時に邪魔となり、更なる費用負担増などの多くの問題を残すかもしれません。
このような悩み、問題を解決するのが、表面波探査法による地盤調査方法です。
表面波探査法はより正確に計測ができるため他の調査方法に比べ「地盤改良工事」比率が大幅に低くなります。
まずはご相談ください
地盤調査専門会社だから、公正な地盤判定が出せます。
私たち共栄ハウスサービスは数少ない地盤調査専門会社ですので、ムダな地盤改良判定はいたしません。
御社の地盤判定に疑問をお持ちのお客様には現在無料アドバイスを実施しております。

 

表面波探査法での地盤調査

弊社の地盤調査では、高精度の表面波探査法を使用し地盤調査を行います。
細かく地盤を調べ上げより安全で安心な地盤の提案をいたします。
表面波探査法では沈下の予測、地層傾斜まで地盤の強さである支持力を調べるだけでなく住宅の将来的な沈下予測・地盤内部の地層傾斜などの予測も行なうことが可能です。
宅地地盤調査として広く行われているスウェーデン式サウンディング試験(SS試験)と表面波探査法による地盤調査との大きな違いは、「点」ではなく「面」で測定します。
測定するのは、通常100~150cmの円形の範囲で、礫や異物による部分的な情報ではなく、平均的な地盤情報を得ることが出来ます。
表面波探査法式地盤調査方法は地面をゆらして、その“ゆれ”の伝わる速さにより、地盤の硬軟を判断します。 データの変化から、地層の境界を読み取り、各層に支持力がどのくらいあるのかを判断します。それに対してスウェーデン式サウンディング試験(SS試験)は、先端がスクリューになったロッドを回転させながら、25cmごとに地面に貫入させていきます。この回転数により、地盤の硬軟を判断する方法です。25cmごとに地盤の支持力がどのくらいあるのかが分かります。
住宅をささえることができれば、改良工事は必要ありません。確かに地盤調査の費用はSS試験よりも表面波探査法のほうが高いです。しかし、表面波探査法はより詳しく段階的に地盤を判別することが出来るので、不必要な地盤改良工事がなくなります。
このことでトータルコスト(地盤調査+工事費)を大幅に縮減することにつながります。